Search

MySQL4を入手

unknown

MySQLは、Windows環境で使用できるデータベースです。
PHPと相性ともよく、PHPにもMySQL関数が用意されています。

ここでは MySQL4 を Windows XP にインストールする方法を解説します。
MySQL5のインストール方法は、「MySQL5のインストール&設定」で解説しています。

MySQL4の入手先

MySQLは、最新版~古いバージョンまで、全てMySQL Downloadsから入手できます。

MySQL4のダウンロードサイトに行くには「MySQL Community Server」のOlder Releases:MySQL 4.1 -- Previous GA releaseをクリックします。

古いバージョンをインストールしたい場合はMySQL Product Archivesから入手可能です。

MySQL4のダウンロード

ダウンロードページ MySQL 4.1 Downloads を開いたら、 Windows downloads」の「Windows(x86)」の右隣にある[Download]をクリックします。 すぐに「mysql-バージョン番号-win32.zip」(圧縮ファイル)のダウンロードが始まりますので、デスクトップなどに保存して下さい。

[MySQL4] Windows Downloads[MySQL4] Windows Downloads

ダウンロードが完了したら、次はインストールです。

MySQL4のインストール

unknown

  1. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍

    ダウンロードした「mysql-バージョン番号-win32.zip」(圧縮ファイル)をクリックし、デスクトップなどに解凍します。

  2. セットアップウィザード起動/インストール開始

    解凍したフォルダ内にある「SETUP.EXE」をダブルクリックし、セットアップウィザードを起動させたら、NEXTをクリック。

    セットアップウィザード: インストール開始セットアップウィザード: インストール開始
  3. インストール先の指定

    カレントディレクトリが「Cドライブ」であれば、C:\mysql(デフォルト)にインストールされます。 そのままでよければ、NEXTをクリック。

    Dドライブなど、デフォルト以外の場所にインストールする場合は、Browse...をクリックして、 インストール先を変更して下さい。

    セットアップウィザード: インストール先の指定セットアップウィザード: インストール先の指定
  4. セットアップタイプ選択

    「Typical」(通常)にチェックを入れたら、NEXTをクリック。

    セットアップウィザード: セットアップタイプ選択セットアップウィザード: セットアップタイプ選択
  5. セットアップ完了

    インストールが完了するとこの画面が表示されるので、Finishをクリック。

    セットアップウィザード: セットアップ完了セットアップウィザード: セットアップ完了

これでMySQLのインストールは終わりです。
インストールの次は、MySQL管理者(root)のパスワードの設定をします。

MySQL管理者(root)パスワードの設定

unknown

MySQLインストール後、まず最初に行うのは、管理者ユーザー(root)のパスワードの設定です。

管理者ユーザー(root)のパスワードは、初期状態では空白です。 そのためコマンドプロンプトで、shell> mysql -u rootと入力すれば、誰でもパスワードなしで、全権限を持つMySQL管理者として、MySQLに接続できてしまいます。

初期インストール時は、このようにアクセスが解放されている、セキュリティ上危険な状態です。 初期インストール後は必ずコマンドプロンプトを立ち上げ、以下のようにMySQL管理者ユーザー(root)のパスワードを設定して下さい。

#MySQL管理者ユーザー(root)のパスワードを設定
C:\mysql\bin> mysql -u root mysql Enter
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 20 to server version: 4.0.26-nt

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('パスワード'); Enter
Query OK, 0 rows affected (0.21 sec)

これでMySQL管理者(root)のパスワードの設定は完了です。 次回からは、コマンド プロンプトより以下のようにしてMySQLに接続できます。

#-pの後は空白を空けずにパスワードを入力
C:\mysql\bin> mysql -u root -pパスワード Enter
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 24 to server version: 4.0.26-nt

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer

mysql>

次に、WinMySQLadminの設定をし、WinMySQLadminを起動させてみましょう。

WinMySQLadminの設定・起動・操作

unknown

  1. WinMySQLadminの起動

    MySQLのインストールフォルダ(デフォルトのままなら c:\mysql\bin)内にあるwinmysqladmin.exe「winmysqladmin.exe」をダブルクリックし、起動させます。

    初回起動時のみ、「WinMySQLadmin Quick Setup」(セットアップ)が表示されます。
    「ユーザー名(Username)」と「パスワード(Password)」を入力し、OKをクリックして下さい。

    ここで入力するユーザー名とパスワードはWinMySQLAdmin用のものです。 MySQL管理者のユーザー名とパスワードは別途設定する必要があります!

    セットアップが完了すると、c:\WINDOWSフォルダ内(Windows XP の場合)に「my.ini」という設定ファイルが作成されているはずです。 OSによって作成される場所が多少異なります。

    また、PC画面右下のタスクバー内に「WinMySQLadminのアイコン」(信号機)が表示されます。 光っている色によって、MySQLサーバーの状態を確認できます。

    WinMySQLadminアイコンWinMySQLadminアイコン
    青色:開始
    黄色:一時停止
    赤色:停止

    このアイコンを右クリックすると表示される右クリックメニューから以下の操作ができます。

    1. WinMySQLadminの表示(Show Me)・非表示(Hide Me)
    2. WinMySQLadminの終了(WIn NT → ShutDown this Tool)
    3. MySQLサービスの停止(Win NT → Stop this Service)
    WinMySQLadminの右クリックメニューWinMySQLadminの右クリックメニュー
  2. 言語設定

    MySQLで日本語を使用するために、言語設定をします。 WinMySQLadminの[my.ini Setup]タブをクリックし、「my.ini」 (設定ファイル)を開きます。 [mysqld]に default-character-set=sjis を追加したら、Save Modificationをクリックし、上書き保存し、MySQLを再起動させます。 再起動後、言語設定が有効になり、MySQLで日本語を使えるようになります。

    MySQLの再起動は、[スタート]-[コントロールパネル]ー[管理ツール]ー[サービスサービス]にある、MySqlを選択し、[サービスの再起動]リンクをクリックします。 詳細は、「MySQLサービスの設定&操作」で解説しています。

    WinMySQLadmin ー[my.ini Setup]タブWinMySQLadmin ー[my.ini Setup]タブ

最後に、MySQLサーバーの動作確認をしましょう。
⇒ MySQL4の動作確認(コマンドプロンプト使用)

関連コンテンツ

Q. このサイトの情報はお役に立ちましたでしょうか?

投票する 投票結果を見る

管理人に【web拍手】を送るweb拍手(1行メッセージも送れます♪)

pagetop