Search

iPhoneにGmailのアドレス帳を同期

unknown

iPhoneの「Microsoft Exchange」を使用すると、iPhoneにGoogleアカウントのメール、連絡先、カレンダーを同期することができます。 わたしは、仕事のGoogle Appsアカウント、プライベートのGmailアカウントを同期しています。

同期したメールは、それぞれ別々にみることもできますが、メールボックスの「全受信」にひとまとめに入ってくるので、全アカウントのメールを一画面でリアルタイムでチェックできます。

返信する際は、同期元のメールアドレスが差出人として自動的にセットされるので、さくっと返信できます。 差出人を変更して返信したい場合は、メールの返信画面で「差出人」をタップし、プルダウンから他の同期しているメールアドレスを選択すればOK。

ガラケー時代は、携帯を壊したりなくすと連絡先がふっとんだ・・・といった経験をしたことがありましたが、Gmailに連絡先を一元管理しておくと、Gmailアカウントの連絡先を同期するだけで、すぐ復活できます。 iPhoneにもアドレス帳があるのですが、それはGmailのアドレス帳に同期できないので、両方であれこれ登録するとややこしくなりそうな場合は、Gmail1本にしておいた方がよいでしょう。

Gmailのアドレス帳を同期する方法

  1. ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

    ホーム画面ホーム画面
  2. 設定画面の「メール/連絡先/カレンダー」をタップします。

    設定画面設定画面
  3. アカウントの「アカウントを追加...」をタップします。

    メール/連絡先/カレンダーメール/連絡先/カレンダー
  4. 「Microsoft Exchange」をタップします。

    アカウントを追加アカウントを追加
  5. 下記の情報を入力したら【次へ】ボタンをタップします。
    確認中になるので、少し待ちます。

    • メール:Gmailアドレス
    • ドメイン:空のままでOK
    • ユーザー名:Gmailのユーザー名
    • パスワード:Gmailのパスワード
    • 説明:そのままでOK
    設定画面設定画面
  6. サーバに「m.google.com」と入力し、【次へ】ボタンをタップします。
    また確認中になるので、少し待ちます。

    サーバサーバ
  7. サーバ確認が完了したら、下図のような画面が表示されます。
    iPhoneに同期させたいものを「オン」にして、【保存】ボタンをタップします。

    ExchangeアカウントExchangeアカウント
  8. 以上で、設定完了です。

    ホーム画面に戻り、「連絡先」アイコンをタップしてみましょう。

    ホーム画面ホーム画面
  9. グループにGmailの連絡先が追加されているはずです。

    グループグループ
    ContactsContacts

iPhoneで画面のスクリーンショットを撮る
iPadも同じ

unknown

iPhoneやiPadなどiOSの画面スクリーンショットを撮るのはとっても簡単!
下の「ホームボタン」を押しながら、上の「スリープボタン」を押すだけです。

iPhone4なら幅640px×高さ960pxサイズのPNG画像になります。

スクリーンショットスクリーンショット

関連コンテンツ

Q. このサイトの情報はお役に立ちましたでしょうか?

投票する 投票結果を見る

管理人に【web拍手】を送るweb拍手(1行メッセージも送れます♪)

pagetop