Search
  1. fieldset〔フォーム要素のグループ化〕
  2. form〔フォーム〕
  3. input〔フォームの入力要素〕
  4. label〔フォーム要素のラベル〕
  5. legend〔フィールドセット(fieldset要素)のタイトル〕
  6. optgroup〔プルダウンメニューの選択肢(option要素)のグループ化〕
  7. option〔プルダウンメニューの選択肢〕
  8. select〔プルダウンメニューの定義〕
  9. textarea〔複数行入力可能なテキストエリア〕

fieldset
フォーム要素のグループ化

2009/11/23

<fieldset>~</fieldset>

iモード なし
EZweb なし
SoftBank [SoftBank HTML][SoftBank XHTML]

fieldset要素は、ログイン情報、個人情報など、フォーム要素を入力情報によってグループ化する場合に使用するインライン要素です。

注意事項

SoftBank
  • P4(2)型/3GC型端末でのみ利用可。

サンプル

<form action="send.php" method="post">
	<fieldset style="margin:5px;padding:5px;border:2px solid #ccc;">
		ニックネーム:<input type="text" name="hn" size="10" /><br>
		E-mail:<input type="text" name="email" size="10" />
	</fieldset>
	<fieldset style="margin:5px;padding:5px;border:2px solid #ccc;">
		プレゼント応募<br>
		<input type="radio" name="present" value="a" />A賞<br>
		<input type="radio" name="present" value="b" />B賞<br>
		<input type="radio" name="present" value="c" />C賞
	</fieldset>
	<input type="submit" name="btn_submit" value="応募する" />
</form>

form
フォーム

2009/11/23

<form>~</form>

iモード [iモード対応HTML Ver1.0] [iモード対応XHTML Ver1.0]
EZweb [au XHTML]
SoftBank [SoftBank HTML] [SoftBank XHTML]

form要素はフォームを表すブロック要素です。

属性

docomo

form要素の属性
属性 iモード対応
HTMLバージョン
iモード対応
XHTMLバージョン
説明
action="%URI" 1.0 1.0 必須。フォームから送信されたデータを処理するプログラムのURIを指定。
action="mailto:{文字列}" 5.0 1.1 フォームのデータをメール送信。
method="get" 1.0 1.0 フォームデータをGET送信。
method="post" 1.0 1.0 フォームデータをPOST送信。
utn 3.0 1.0 個体識別情報。端末の製造番号を要求。
lcs 7.0 2.1 GPS関連。GPSによる測位の指定。

au

form要素の属性
属性 XHTML 説明
WAP2.0
action="%URI" 必須。フォームから送信されたデータを処理するプログラムのURIを指定。
action="mailto:{文字列}" フォームのデータをメール送信。
method="get" フォームデータをGET送信。
method="post" フォームデータをPOST送信。

SoftBank

form要素の属性
属性 HTML XHTML 説明
SoftBank
HTML
C2型
SoftBank
HTML
C3型
SoftBank
HTML
P型
SoftBank
HTML
3GC型
SoftBank
XHTML
3GC1型
SoftBank
XHTML
3GC2型
action="%URI" 必須。フォームから送信されたデータを処理するプログラムのURIを指定。
method="get" フォームデータをGET送信。
※C2端末はGET送信のみ。
method="post" × フォームデータをPOST送信。
z × △*1 × × × 位置情報の取得を要求。取得した位置情報はWebサーバーに送信される。
※action属性と併用。
※hidden要素でsid(サービス識別個をクエリ―として添付する。
enctype="{文字列}" × × △*2 送信データのエンコード形式を指定。P型以外の端末は「application/x-form-url-encoded」固定。ファイルアップロードの場合は「multipart/form-data」を指定。
target="%Target" × × × × × フレームの操作方法を指定。デフォルトは「_self」。

*1:一部の端末で利用可
*2:一部のP型端末で利用可

注意事項

※form要素を入れ子にすることはできません。

SoftBank
  • 3GC型端末:1ページ内にform要素は4個までしか記述できません。
  • 3GC型端末:1つのform要素内に30個までしか要素を記述できません。

サンプル

<form action="send.php" method="post">
	ユーザー名:<input type="text" name="user_nm" size="13" maxlength="30" /><br>
	パスワード:<input type="password" name="user_pw" size="13" maxlength="30" /><br><br>
	<input type="submit" value="登録" />
</form>

input
フォームの入力要素

2009/11/23

<input type="">
<input type="" />

iモード [iモード対応HTML Ver1.0] [iモード対応XHTML Ver1.0]
EZweb [au XHTML]
SoftBank [SoftBank HTML] [SoftBank XHTML]

input要素は、さまざまな入力要素を表すインライン要素です。
空要素のためXHTMLの場合は<input />のように記述します。

属性

docomo

input要素の属性
属性 iモード対応
HTMLバージョン
iモード対応
XHTMLバージョン
説明
共通
name="%CDATA" 1.0 1.0 コントロールの名前を指定。
accesskey="%Number" 1.0 1.0 ショートカットキーの割り当て。type="hidden"除く。
disabled="disabled" 1.0 1.0 コントロールを無効化する場合に指定。無効化したコントロールのデータは送信されません。
readonly="readonly" 1.0 1.0 コントロールを読み取り専用にする(入力不可)。
▼テキスト入力
type="text" 1.0 1.0 テキスト入力欄を生成。
value="%CDATA" 1.0 1.0 デフォルトの入力値を指定。
size="%Number" 1.0 1.0 入力要素の幅を文字数で指定。
maxlength="%Number" 1.0 1.0 入力最大文字数を指定。
istyle="%iStyle" 2.0 - 入力モード(1~4)を指定。
style="-wap-input-format:
&quot;*&lt;ja:h&gt;&quot;"
- 1.0 入力モード「全角かな(デフォルト)」を指定。
style="-wap-input-format:
&quot;*&lt;ja:hk&gt;&quot;"
- 1.0 入力モード「半角カナ」を指定。
style="-wap-input-format:
&quot;*&lt;ja:en&gt;&quot;"
- 1.0 入力モード「英字」を指定。
style="-wap-input-format:
&quot;*&lt;ja:n&gt;&quot;"
- 1.0 入力モード「数字」を指定。
▼パスワード入力
type="password" 1.0 1.0 パスワード入力欄を生成。
value="%CDATA" 1.0 1.0 デフォルトの入力値を指定。
size="%Number" 1.0 1.0 入力要素の幅を文字数で指定。
maxlength="%Number" 1.0 1.0 入力最大文字数を指定。
▼チェックボックス
type="checkbox" 1.0 1.0 チェックボックス(複数選択可)を生成。
value="%CDATA" 1.0 1.0 値を指定。
checked="checked" 1.0 1.0 デフォルトチェックを入れる場合は「checked」を指定。XHTMLの場合は「checked="checked"」。
▼ラジオボタン
type="radio" 1.0 1.0 ラジオボタン(単一選択)を生成。
value="%CDATA" 1.0 1.0 値を指定。
checked="checked" 1.0 1.0 デフォルトチェックを入れる場合は「checked」を指定。XHTMLの場合は「checked="checked"」。
▼隠し要素
type="hidden" 1.0 1.0 ユーザーに入力させずに、送信したい値を指定。
value="%CDATA" 1.0 1.0 値を指定。
▼ファイルアップロード
type="file" 1.0 1.0 アップロードするファイル名の入力欄と参照ボタンを生成。
accept="{文字列}" 1.0 2.0 フォームのaction属性に指定したプログラムが処理可能なMIMEタイプを指定。
▼送信ボタン
type="submit" 1.0 1.0 送信ボタンを生成。
value="%CDATA" 1.0 1.0 ボタンに表示する文字列を指定。
▼リセットボタン
type="reset" 1.0 1.0 フォームの値を初期化するリセットボタンを生成。
※デフォルトの入力値や選択はリセットされません。
value="%CDATA" 1.0 1.0 ボタンに表示する文字列を指定。
▼マイプロフィール引用
iprof="{文字列}" 7.0 2.1 マイプロフィール引用。

au

input要素の属性
属性 XHTML 説明
WAP2.0
▼共通
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
accesskey="%Number" ショートカットキーの割り当て。type="hidden"除く。※一部端末で有効にならない場合あり。
disabled="disabled" コントロールを無効化する場合に指定。無効化したコントロールのデータは送信されません。
readonly="readonly" コントロールを読み取り専用にする(入力不可)。
▼テキスト入力
type="text" テキスト入力欄を生成。
format="%FormatType" 入力モードの初期値を指定。デフォルトは「hiragana」。
value="%CDATA" デフォルトの入力値を指定。
▼パスワード入力
type="password" パスワード入力欄を生成。
format="%FormatType" 入力モードの初期値を指定。デフォルトは「hiragana」。
value="%CDATA" デフォルトの入力値を指定。
▼チェックボックス
type="checkbox" チェックボックス(複数選択可)を生成。
value="%CDATA" 値を指定。
checked="checked" デフォルトチェックを入れる場合は「checked」を指定。XHTMLの場合は「checked="checked"」。
▼ラジオボタン
type="radio" ラジオボタン(単一選択)を生成。
value="%CDATA" 値を指定。
checked="checked" デフォルトチェックを入れる場合は「checked」を指定。XHTMLの場合は「checked="checked"」。
▼隠し要素
type="hidden" ユーザーに入力させずに、送信したい値を指定。
value="%CDATA" 値を指定。
▼ファイルアップロード
type="file" アップロードするファイル名の入力欄と参照ボタンを生成。
accept="{文字列}" フォームのaction属性に指定したプログラムが処理可能なMIMEタイプを指定。
▼送信ボタン
type="submit" 送信ボタンを生成。
value="%CDATA" ボタンに表示する文字列を指定。
▼リセットボタン
type="reset" フォームの値を初期化するリセットボタンを生成。
※デフォルトの入力値や選択はリセットされません。
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
value="%CDATA" ボタンに表示する文字列を指定。

SoftBank

input要素の属性
属性 C2 C3  P  3GC 説明
disabled="disabled" × × △*1 × コントロールを無効化する場合に指定。無効化したコントロールのデータは送信されません。
emptyok="{true|false}" × × △*1 × 空文字列を許可するかの有無を指定。TRUE(デフォルト)を指定すると、コントロールの入力値が空でもフォームを送信できます。FALSEを指定すると、コントロールの入力値が空の場合は、入力されるまでフォームを送信できません。
width="%Length" × × △*1 コントロールの幅をピクセル値または%で指定。
height="%Length" × × △*1 コントロールの高さをピクセル値または%で指定。
▼テキスト入力
type="text" テキスト入力欄を生成。
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
value="%CDATA" デフォルトの入力値を指定。
size="%Number" × 入力要素の幅を文字数で指定。
maxlength="%Number" 入力最大文字数を指定。
mode="%ModeType" 入力する文字の初期値を指定。
format="%FormatType" × × △*1 × 入力モードの初期値を指定。
istyle="%iStyle" × × 入力モード(1~4)を指定。
▼パスワード入力
type="password" パスワード入力欄を生成。
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
value="%CDATA" デフォルトの入力値を指定。
size="%Number" × 入力要素の幅を文字数で指定。
maxlength="%Number" 入力最大文字数を指定。
mode="%ModeType" 入力する文字の初期値を指定。「alphabet」(デフォルト)または「numeric」を指定可。
istyle="%iStyle" × × 入力モード(3 or 4)を指定。
format="%FormatType" × × △*1 × 入力モードの初期値を指定。
▼チェックボックス
type="checkbox" チェックボックス(複数選択可)を生成。
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
value="%CDATA" 値を指定。
checked="checked" デフォルトチェックを入れる場合は「checked」を指定。XHTMLの場合は「checked="checked"」。
▼ラジオボタン
type="radio" ラジオボタン(単一選択)を生成。
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
value="%CDATA" 値を指定。
checked="checked" デフォルトチェックを入れる場合は「checked」を指定。XHTMLの場合は「checked="checked"」。
▼隠し要素
type="hidden" ユーザーに入力させずに、送信したい値を指定。
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
value="%CDATA" 値を指定。
▼ファイルアップロード
type="file" × × アップロードするファイル名の入力欄と参照ボタンを生成。
value="%CDATA" ファイル名の初期値を指定。
▼送信ボタン
type="submit" 送信ボタンを生成。
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
accesskey="%Number" × ショートカットキーの割り当て。
※要value属性。
value="%CDATA" ボタンに表示する文字列を指定。
directkey="%Number" × ショートカットキーの割り当て。
※要value属性。
nonumber="%Number" × × directkey属性で指定したキーを非表示にする。
※directkey属性を指定した場合のみ指定可。
soundstart="{文字列}" × 音声ファイルを再生する機器を指定。
※src属性を指定した場合のみ指定可。
説明
select コントロールを選択(クリック)した時に音声ファイルを再生(デフォルト)。
focus コントロールにフォーカスを合わせた時に音声ファイルを再生。
loop="{%Number|infinite}" × 音声ファイルの繰り返し再生回数を指定。デフォルトは1。
※src属性を指定した場合のみ指定可。
volume="%Volume" × 再生時の音量を指定を指定。デフォルトは「middle」。
※src属性を指定した場合のみ指定可。
vibration="%Vibration" × バイブレーション機能の起動方法を指定。
viblength="%Number" × バイブレーション機能の実行回数を指定。デフォルトは1。
※vibration属性を指定したバイのみ指定可。
src="%URI" 音声ファイルのURLを指定。
▼リセットボタン
type="reset" フォームの値を初期化するリセットボタンを生成。
※デフォルトの入力値や選択はリセットされません。
value="%CDATA" ボタンに表示する文字列を指定。デフォルトは「リセット」。

*1:P4(2)型端末のみ

注意事項

SoftBank
  • type属性に「image」、「button」指定不可。

サンプル

ログインフォーム

■HTML
<form action="send.php" method="post" name="frm">
  ユーザーID:<input type="text" name="user_id" size="10" maxlength="8" istyle="3"><br>
  パスワード:<input type="password" name="user_pw" size="10" maxlength="8"istyle="3"><br><br>
  <input type="submit" name="btn_submit" value="ログイン">
  <input type="reset" name="btn_reset" value="クリア">
</form>

ファイルのアップロード

<form action="upload.php" method="post" enctype="multipart/form-data" name="frm">
  <input type="hidden" name="MAX_FILE_SIZE" value="7340032">
  投稿ファイル<br><br>
  <input type="file" name="updfile"><br><br>
  <input type="submit" name="btn_submit" value="アップロード">
</form>

ラジオボタン/チェックボックス

<form action="send.php" method="post" name="frm">
  E-mail:<br>
  <input type="text" name="email" size="19"><br><br>
  性別:<br>
  <input type="radio" name="sex" value="male" checked>男
  <input type="radio" name="sex" value="female">女<br><br>
  メルマガ購読:<br>
  <input type="checkbox" name="maga_1" value="1" checked>マナー講座<br>
  <input type="checkbox" name="maga_2" value="1">OLの節約術<br>
  <input type="checkbox" name="maga_3" value="1">初心者向けFX講座<br><br>
  <center><input type="submit" value="登録"></center>
</form>

label
フォーム要素のラベル

2009/11/23

<label>~</label>

iモード なし
EZweb [au XHTML]
SoftBank [SoftBank HTML] [SoftBank XHTML]

フォーム要素とラベルを関連付けます。 1つのラベル内に複数の入力コントロールを関連づけることはできません(1対1で指定)。

フォーム内の入力要素にそれぞれラベルを付けることで、ラベルをクリックすると、テキストボックスにフォーカスが当たったり、ラジオボタンにチェックを付けることができるようになるため、ユーザーが入力、選択しやすくなります。 label要素は、input/select/textarea要素に指定可能です。

属性

au

label要素の属性
属性 XHTML 説明
WAP2.0
accesskey="%Number" ショートカットキーの割り当て。

SoftBank

label要素の属性
属性 HTML XHTML 説明
SoftBank
HTML
C2型
SoftBank
HTML
C3型
SoftBank
HTML
P型
SoftBank
HTML
3GC型
SoftBank
XHTML
3GC型
accesskey="%Number" × × △*1 ショートカットキーの割り当て。
for="%IDREF" × × △*1 他のコントロールと関連付ける場合、他のコントロールのID名を指定。

*1:P4(2)型端末のみ

legend
フィールドセット(fieldset要素)のタイトル

2009/11/23

<legend>~</legend>

iモード なし
EZweb なし
SoftBank なし

optgroup
プルダウンメニューの選択肢(option要素)のグループ化

2009/11/23

<optgroup>~</optgroup>

iモード なし
EZweb [au XHTML]
SoftBank [SoftBank HTML] [SoftBank XHTML]

optgroup要素は、プルダウンメニュー(select要素)の選択肢をグループ化するのに使用するインライン要素です。 select要素内に記述します。 optgroup要素内には、option要素要素が1回以上出現する必要があります。

選択肢が多い場合、optgroup要素を使用して、カテゴリ毎にグループ化することで、ユーザーが選択しやすくなります。 optgroup要素のlabel属性(必須)には、グループの名前を指定します。 label属性に指定した値は、一般的なブラウザで太字+斜体で表示されます。

属性

SoftBank

optgroup要素の属性
属性 HTML XHTML 説明
SoftBank
HTML
C2型
SoftBank
HTML
C3型
SoftBank
HTML
P型
SoftBank
HTML
3GC型
SoftBank
XHTML
3GC型
label="%CDATA" × × △*1 グループ化したグループの名前を指定。
disabled="disabled" × × △*1 × × コントロールを無効化する場合に指定。無効化したコントロールのデータは送信されません。

*1:P4(2)型端末のみ

サンプル

一番好きな焼酎は?<br>(ひとつだけ)<br>
<select name="shochu">
	<option value="0" selected="selected">▼選択してください</option>
	<optgroup label="芋焼酎">
		<option value="1">黒霧島</option>
		<option value="2">赤兎馬</option>
		<option value="3">森伊蔵</option>
	</optgroup>
	<optgroup label="麦焼酎">
		<option value="a">中々</option>
		<option value="b">二階堂</option>
		<option value="c">兼八</option>
	</optgroup>
	<option value="99">その他</option>
</select>

option
プルダウンメニューの選択肢

2009/11/23

<option>~</option>

iモード [iモード対応HTML Ver1.0] [iモード対応XHTML Ver1.0]
EZweb [au XHTML]
SoftBank [SoftBank HTML] [SoftBank XHTML]

option要素は、select要素(プルダウンメニュー)の選択肢を表すインライン要素で、select要素内に記述します。

属性

docomo

option要素の属性
属性 iモード対応
HTMLバージョン
iモード対応
XHTMLバージョン
説明
selected="selected" 1.0 1.0 デフォルトで選択する選択肢に指定。
※XHTMLの場合は「selected="selected"」。
value="%CDATA" 1.0 1.0 選択肢の値を指定。

au

option要素の属性
属性 XHTML 説明
WAP2.0
selected="selected" デフォルトで選択する選択肢に指定。
※XHTMLの場合は「selected="selected"」。
value="%CDATA" 選択肢の値を指定。

SoftBank

option要素の属性
属性 HTML XHTML 説明
SoftBank
HTML
C2型
SoftBank
HTML
C3型
SoftBank
HTML
P型
SoftBank
HTML
3GC型
SoftBank
XHTML
3GC型
selected="selected" デフォルトで選択する選択肢に指定。
value="%CDATA" × 選択肢の値を指定。
disabled="disabled" × × △*1 × × コントロールを無効化する場合に指定。無効化したコントロールのデータは送信されません。

*1:P4(2)型端末のみ

サンプル

世代:
<select name="generation">
	<option value="0" selected="selected">▼選択してください</option>
	<option value="1">10代</option>
	<option value="2">20代</option>
	<option value="3">30代</option>
	<option value="4">それ以外</option>
</select>

select
プルダウンメニューの定義

2009/11/23

<select>~</select>

iモード [iモード対応HTML Ver1.0] [iモード対応XHTML Ver1.0]
EZweb [au XHTML]
SoftBank [SoftBank HTML] [SoftBank XHTML]

select要素は、プルダウンメニューを表すインライン要素です。

属性

docomo

select要素の属性
属性 iモード対応
HTMLバージョン
iモード対応
XHTMLバージョン
説明
name="%CDATA" 1.0 1.0 コントロールの名前を指定。
size="%Number" 1.0 1.0 行数を指定。
selected="selected"     選択肢のデフォルト選択。
※XHTMLの場合は属性値省略不可のため「selected="selected"」と指定。
multiple="multiple" 2.0 1.0 選択肢の複数選択を許可する場合は「multiple」を指定。
※XHTMLの場合は属性値省略不可のため「multiple="multiple"」と指定。

au

select要素の属性
属性 XHTML 説明
WAP2.0
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
size="%Number" 行数を指定。
selected="selected" 選択肢のデフォルト選択。
※XHTMLの場合は属性値省略不可のため「selected="selected"」と指定。
multiple="multiple" 選択肢の複数選択を許可する場合は「multiple」を指定。
※XHTMLの場合は属性値省略不可のため「multiple="multiple"」と指定。

SoftBank

select要素の属性
属性 HTML XHTML 説明
SoftBank
HTML
C2型
SoftBank
HTML
C3型
SoftBank
HTML
P型
SoftBank
HTML
3GC型
SoftBank
XHTML
3GC型
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
size="%Number" 行数を指定。
multiple="multiple" 選択肢の複数選択を許可する場合は「multiple」を指定。
disabled="disabled" × × △*1 × × コントロールの名前を指定。

*1:P4(2)型端末のみ

注意事項

au
  • プルダウンでは表示されず、単一選択の場合はラジオボタン、複数選択の場合はチェックボックスで表示される(W51S)。
SoftBank
  • C2型端末:select要素内のoption要素は30個まで。それ以外の端末の場合は50個まで。

サンプル

一番好きな焼酎は?<br>(ひとつだけ)<br>
<select name="shochu">
	<option value="0" selected="selected">▼選択してください</option>
	<option value="1">黒霧島</option>
	<option value="2">赤兎馬</option>
	<option value="3">森伊蔵</option>
	<option value="a">中々</option>
	<option value="b">二階堂</option>
	<option value="c">兼八</option>
</select>

<br><br>

好きな焼酎は?<br>(いくつでも)<br>
<select name="shochu2" multiple="multiple">
	<option value="0" selected="selected">▼選択してください</option>
	<option value="1">黒霧島</option>
	<option value="2">赤兎馬</option>
	<option value="3">森伊蔵</option>
	<option value="a">中々</option>
	<option value="b">二階堂</option>
	<option value="c">兼八</option>
</select>

textarea
複数行入力可能なテキストエリア

2009/11/23

<textarea cols="" rows=""></textarea>

iモード [iモード対応HTML Ver1.0] [iモード対応XHTML Ver1.0]
EZweb [au XHTML]
SoftBank [SoftBank HTML] [SoftBank XHTML]

textarea要素は、複数行テキストを入力可能な入力欄を表すインライン要素です。 rows属性に指定した行数以上が入力された場合は、自動的にスクロールバーが表示されます

属性

docomo

textarea要素の属性
属性 iモード対応
HTMLバージョン
iモード対応
XHTMLバージョン
説明
name="%CDATA" 1.0 1.0 コントロールの名前を指定。
accesskey="%Number" 1.0 1.0 ショートカットキーの割り当て。
rows="%Number" 1.0 1.0 行数を指定。
cols="%Number" 1.0 1.0 1行当たりの文字数を指定。
istyle="%iStyle" 2.0 - 入力モード(1~4)を指定。
style="-wap-input-format:
&quot;*&lt;ja:h&gt;&quot;"
- 1.0 入力モード「全角かな(デフォルト)」を指定。
style="-wap-input-format:
&quot;*&lt;ja:hk&gt;&quot;"
- 1.0 入力モード「半角カナ」を指定。
style="-wap-input-format:
&quot;*&lt;ja:en&gt;&quot;"
- 1.0 入力モード「英字」を指定。
style="-wap-input-format:
&quot;*&lt;ja:n&gt;&quot;"
- 1.0 入力モード「数字」を指定。
iprof="{文字列}" 7.0 2.1 マイプロフィール引用。

au

textarea要素の属性
属性 XHTML 説明
WAP2.0
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
rows="%Number" 行数を指定。
cols="%Number" 1行当たりの文字数を指定。
format="%FormatType" 入力モードの初期値を指定。デフォルトは「hiragana」。
accesskey="%Number" ショートカットキーの割り当て。※一部端末で有効にならない場合あり。
disabled="disabled" コントロールを無効化する場合に指定。無効化したコントロールのデータは送信されません。
readonly="readonly" コントロールを読み取り専用にする(入力不可)。

SoftBank

textarea要素の属性
属性 HTML XHTML 説明
SoftBank
HTML
C2型
SoftBank
HTML
C3型
SoftBank
HTML
P型
SoftBank
HTML
3GC型
SoftBank
XHTML
3GC型
name="%CDATA" コントロールの名前を指定。
rows="%Number" 行数を指定。
cols="%Number" 1行当たりの文字数を指定。
maxlength="%Number" × × △*1 入力最大文字数を指定
mode="%ModeType" × × △*1 入力する文字の初期値を指定。
istyle="%iStyle" × × △*1 × × 入力モードを指定。デフォルトは1。
format="%FormatType" × × △*1 × 入力モードの初期値を指定。デフォルトは「hiragana」。
accesskey="%Number" × × △*1 ショートカットキーの割り当て。
disabled="disabled" × × △*1 × × コントロールを無効化する場合に指定。無効化したコントロールのデータは送信されません。
readonly="readonly" × × △*1 × × コントロールを読み取り専用にする(入力不可)。

*1:P4(2)型端末のみ

サンプル

<textarea cols="20" rows="5">複数行テキストを入力可能なテキストエリアです。</textarea>

関連コンテンツ

Q. このサイトの情報はお役に立ちましたでしょうか?

投票する 投票結果を見る

管理人に【web拍手】を送るweb拍手(1行メッセージも送れます♪)

pagetop