TOP  »  モバイル/スマートフォン  »  apkファイルをAndroid端末(実機)にインストールする方法

Android
apkファイルをAndroid端末(実機)にインストールする方法

apkファイルのインストール方法

2011/9/27

開発中のAndroidアプリ(apkファイル)を端末にインストールするなど、Android Marketを経由せずに直接apkファイルを端末にインストールする方法はいくつかあります。

  1. Android SDKを使用(PCと端末をつないでインストール)
  2. 端末に直接ダウンロードしてインストール(直URLまたはQRコードから)
  3. マウントして端末内に保存したapkファイルからインストール
  4. Dropboxを使用(apkファイルを同期して、端末からインストール)

いくつか方法はありますが、クライアントにβ版アプリなどを展開する際は、SDKインストールしてくださいとはいえないので、 2~4の方法でお渡しするとよいでしょう。

いずれの場合も、端末の「設定」→「アプリケーション」→「開発元不明のアプリ」にチェックを入れて有効化しておく必要があります。

※これが無効になっていると、Android Market経由以外からapkファイルを端末にインストールできません。

※セキュリティの面から、インストールが終わったら「開発元不明のアプリ」のチェックは外しておきましょう。

このページの先頭へ

Android SDKを使用してインストール
PCと端末をつないでインストール

2011/9/27

PCと端末を接続し、Android SDK経由でapkファイルを端末にインストールする流れを説明します。

Android SDKのインストール方法は、こちらのページで解説しています。

手順

  1. あらかじめ、開発元不明アプリのチェック入れておきます。

  2. Android端末の「設定」→「アプリケーション」→「開発」→「USBデバック」にチェックを入れて、USB接続時はでバックモードになるようにします。

    開発開発

  3. PCにAndroid端末をUSBケーブルで接続します。

    ※ドライバが認識されない場合は、ドライバのインストールを行ってください。

  4. Android SDKインストールディレクトリ/tools内にapkファイルを置きます。

    例)C:\android-sdk-windows\tools\DeviceInfoViewer2.apk

  5. テキストエディタに下記のコマンドを入力して、toolsフォルダ内に拡張子「bat」で保存します。 ファイル名は何でもよいですが、ここでは「install.bat」とします。

    install.bat
    adb install -r DeviceInfoViewer2.apk
    pause
  6. install.batをダブルクリックすると、コマンドプロンプトが起動し、端末にインストールが開始されます。 下図のように、Successと表示されればインストール成功です。

    コマンドプロンプト
    C:\android-sdk-windows\tools>adb install -r DeviceInfoViewer2.apk
    847 KB/s (18234 bytes in 0.021s)
            pkg: /data/local/tmp/DeviceInfoViewer2.apk
    Success
    
    C:\android-sdk-windows\tools>pause
    続行するには何かキーを押してください . . .

    ※うまく行かない場合は、コマンドプロンプトで下記を実行してから、再度試してみてください。

    コマンドプロンプト
    adb kill-server Enter
    adb start-server Enter
    

    ※「falid to start daemon」と表示された場合は、Android SDKインストールディレクトリ/platform-tools内にある「adb.exe」を「tools」フォルダ内にコピペすると解決するかも知れません。

このページの先頭へ

2011/9/27

ここでは、apkファイルをサーバー上にアップし、メールなどで受信したapkファイルのURLをたたいて、端末に直接インストールする手順を説明します。

サーバーにBasic認証がかかっているとAndroid端末からダウンロードできませんので、apkファイルは認証がかかっていないサーバーにアップする必要があります。

認証がかかっていないためそのURLが知られてしまうと誰でもアクセスできることになるので、公開前のアプリなど関係者以外にみられたくない場合は、apkファイルのダウンロードURLは第三者が想定しにくいものにしておいたり、ダウンロードできる期間を決めておき、期間が過ぎたらサーバーから削除しておくとよいです。

サーバー上に、apkファイルをアップする

  1. 認証がかかっていないサーバー上に、apkファイルをアップロードします。

  2. apkファイルがある直URLを端末に、メールで送信します。

    例)http://phpjavascriptroom.com/demo/DeviceInfoViewer2.apk

または下記のようなツールを使用して、直URLをQRコードにし、QRコードをメール添付で送信して、Android端末からバーコードリーダーアプリで読み取ってもらうのでもOK。

▼Androidのバーコードリーダーアプリ

  • QRコードスキャナー
    性能が良くてAndroidアプリの中では一番おすすめ。
    読み取ったQRコードは、ブラウザ起動、メール送信、SMS送信できます。

直URLをたたいてapkファイルを端末にインストールする

  1. あらかじめ、開発元不明アプリのチェック入れておきます。

  2. 届いたメール内のURLをクリックし、端末にapkファイルをダウンロードします。

    メールにURLを送信メールにURLを送信

  3. ダウンロードが完了したら、通知バーに表示されますので、apkファイルをクリックしてインストールします。

    通知バー通知バー

    ダウンロード履歴ダウンロード履歴

    ※通知バーを閉じてしまった場合は、アプリメニューにある「ダウンロード」をクリックするとダウンロードしたファイルの一覧が表示されます。

    ※端末によっては「ダウンロード」アイコンがない場合もあるので、「アストロ」などファイルマネージャーアプリを使用してもよいでしょう。

    ※よくわからない場合は、再ダウンロードしてもらいましょう。

  4. 下図のようなアプリのインストール画面が表示されますので、インストールをクリックします。 インストールが完了したら、開くを押すとアプリが起動します。

    ※インストールしたアプリは、アプリメニューにアイコンが追加されますので、それを押せばいつでも起動できます。

    アプリメニューアプリメニュー

    アプリ画面アプリ画面

このページの先頭へ

マウントして端末内に保存したapkファイルからインストール
マウント

2011/9/27

ここでは、PCと端末をUSBでつなぎ、マウントして、apkファイルを端末内に保存し、そこからインストールする手順を説明します。

  1. あらかじめ、開発元不明アプリのチェック入れておきます。

  2. PCにAndroid端末をUSBケーブルで接続します。

    ※ドライバが認識されない場合は、ドライバのインストールを行ってください。

  3. 通知バーの「USB接続」をクリックし、マウントをクリックします。

    ※通知バーにない場合は、端末の設定のところにあると思います。

  4. PCのスタートメニューから「コンピューター」を開くと、下図のようにAndroid端末のドライブが表示されます。 Android端末のドライブをクリックします。

    ※ここではHドライブですが、PC環境によって異なります。

    コンピューターコンピューター

  5. Android端末内に、apkファイルをコピペします。

    Android SDKインストールディレクトリ > toolsAndroid SDKインストールディレクトリ > tools

  6. マウントを解除

    再び端末に戻り、通知バーの「USBストレージをOFFにする」をクリックし、OFFをクリックします。

  7. ファイルマネージャーアプリ「アストロ」を起動します。
    先ほどPCから保存したapkファイルをクリックします。

  8. アプリケーションマネージャーを開くをクリックし、インストールをクリックします。

  9. 下図のようなアプリのインストール画面が表示されますので、インストールをクリックします。 インストールが完了したら、開くを押すとアプリが起動します。

    ※インストールしたアプリは、アプリメニューにアイコンが追加されますので、それを押せばいつでも起動できます。

    アプリメニューアプリメニュー

    アプリ画面アプリ画面

このページの先頭へ

Dropboxを使用

2011/9/27

Dropboxは、PC、スマートフォンなど様々なデバイスでファイルを共有・同期できるオンラインストレージサービスです。 Windows、Macintosh、Linux、スマートフォンに対応しており、2GBまで無料で使えます。

PCからapkファイルをDropboxにアップロード

  1. Dropboxにログイン

    Dropboxの公式サイトにアクセスし、右上にある「ログイン」をクリックします。

    ※アカウント取得がまだの場合は、アカウントを作成します。名前とメールアドレスの登録だけですぐに使えます。

  2. 「ファイル」タブを開き、アップロードをクリックします。

  3. ローカルにあるapkファイルを選択し、アップロードの開始をクリックします。

  4. アップロードが完了すると、apkファイルが一覧に表示されます。

次は、Android端末でDropboxにログインし、アップしたapkファイルをダウンロードします。

Dropboxアプリを起動して、apkをインストール

※あらかじめ、端末側の設定で開発元不明アプリのチェック入れておきます。

  1. Dropboxの起動

    Android Marketから「Dropbox」をダウンロードしてインストールします。

  2. Dropboxにログイン

    Dropboxを起動して、ログインします。

  3. apkファイルの展開

    ファイル一覧に、先ほどWeb上でアップしたapkファイルが表示されているはずですので、これをクリックします。

    ※見当たらない場合は、ハードウェアのメニューキーを押して、オプションメニューの「リフレッシュ」で画面を更新してみてください。

  4. アプリのインストールと起動

    下図のようなアプリのインストール画面が表示されますので、インストールをクリックします。 インストールが完了したら、開くを押すとアプリが起動します。

    ※インストールしたアプリは、アプリメニューにアイコンが追加されますので、それを押せばいつでも起動できます。

    アプリメニューアプリメニュー

    アプリ画面アプリ画面

このページの先頭へ
Q. このサイトの情報はお役に立ちましたでしょうか?

     

投票する | 投票結果を見る | 管理人に【web拍手】を送る web拍手(1行メッセージも送れます♪)

1契約で容量を気にせず複数サイトを運営するなら、ヘテムルがおすすめ!

ヘテムル」は、国内最大級の個人向けホスティングサービス『ロリポップ!レンタルサーバー』を運営する株式会社paperboy&co.の提供する大容量・高機能のレンタルサーバー。

独自ドメイン50個、データベース10個までを、追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の10GB

動画配信・音源配信・ポッドキャスティングなど、Flash、音楽、動画ファイル等をふんだんに使って、自由にWEBサイトを表現することが可能です。 また、マルチドメイン、マルチデータベース、共有SSLなどサイト運営に大変便利な機能や、FlashMediaServer、ColdFusionなど他にはないユニークな機能を搭載。 もちろん、MovableTypeやWordPress、Xoopsといった各種webアプリケーション、CGI、 Perl、PHP4、PHP5、Rubyなどの各種開発言語にも対応しています。

実際にファイルをアップしたりできる15日間のお試し期間があるので、借りてから「サイトを移植してみたらプログラムが動かなかったー(><)」なんてことにはなりません♪