Search

【進む】&【戻る】ボタン(一つ前、一つ先)
nextメソッド/backメソッド

unknown

window.history.back()
window.history.forward()

backメソッドとfowardメソッドは、ユーザーが現在閲覧中のページを基準に閲覧履歴の一つ前のページ、一つ先のページに移動します。 これは、ブラウザの戻るボタン、次へボタンをクリックするのと同じ動作です。

  • 閲覧履歴に該当するぺージがない場合は、ボタンをクリックしても動作しません。
  • オブジェクト名 window は省略可。
サンプルを見る
<!-- 戻るボタン -->
<input type="button" value="戻る" onclick="history.back()" />
<!-- 進むボタン -->
<input type="button" value="進む" onclick="history.forward()" />

【進む】&【戻る】ボタン(n個前、n個先)
goメソッド

unknown

window.hisotry.go( 数値 )

goメソッドは、ユーザーが現在閲覧中のページを基準に指定した履歴個数分ページを移動します。 「戻る」場合はマイナスの整数値、「進む」場合はプラスの整数値を指定します。

  • 閲覧履歴に該当するぺージがない場合は、ボタンをクリックしても動作しません。
  • オブジェクト名 window は省略可。
サンプルを見る
<!-- 2つ前に閲覧していたページ戻るボタン -->
<input type="button" value="2つ前に戻る" onclick="history.go(-2)" />
<!-- 2つ前に閲覧していたページに進むボタン -->
<input type="button" value="2つ先に進む" onclick="history.go(2)" />

履歴の長さを取得
lengthプロパティ

unknown

window.hisotry.length

lengthプロパティは、ページの閲覧履歴の長さを取得します。 履歴がない場合は、現在閲覧中のページのみが履歴になるため1が返されます。

オブジェクト名 window は省略可。

サンプルを見る
<script type="text/javascript">
    var len=history.length;
    document.write("履歴の長さ: <em>"+len+"<\/em>\n");
</script>

関連コンテンツ

Q. このサイトの情報はお役に立ちましたでしょうか?

投票する 投票結果を見る

管理人に【web拍手】を送るweb拍手(1行メッセージも送れます♪)

pagetop