TOP  »  JavaScript/DOM  »  配列の書き方

基本
配列の書き方

配列
array

データなし

【書き方1】
配列名 = new Array(要素数);
配列名[0] = "要素1";

【書き方2】
配列名 = new Array("要素1","要素2","要素3",…,"要素n");

【書き方3】
配列名 = ["要素1","要素","要素3",…,"要素n"];

配列の値が文字列の場合は、引用符で括ります。 配列の値が数値の場合は不要です。

あらかじめ配列の要素数を指定する場合は、配列名 = array(要素数)とします。 要素数の指定を省略した場合は、自動的に要素の数に合わせて配列の大きさが変化します。

JavaScriptで配列を作成する場合、new演算子でArrayオブジェクトを生成します。 ただし、配列名 = ['要素名1', ... ]の形式であれば、new Array()を省略できます。

配列名 = [0, '要素1', '要素2', '要素3', …, '要素n'];

配列の要素の値を取得するには、配列名[参照番号] = 値のようにします(最初の要素は0番目)。

<script type="text/javascript">
    /* 書き方1 */
    var week=new Array(7);
    week[0]='日曜';
    week[1]='月曜';
    week[2]='火曜';
    week[3]='水曜';
    week[4]='木曜';
    week[5]='金曜';
    week[6]='土曜';

    var numbers=new Array(3);
    numbers[0]=100;
    numbers[1]=200;
    numbers[2]=300;

    /* 書き方2 */
    var week=new Array('日曜','月曜','火曜','水曜','木曜','金曜','土曜');
    var numbers=new Array(100,200,300);

    /* 書き方3(※new Array()不要) */
    var week=['日曜','月曜','火曜','水曜','木曜','金曜','土曜'];
    var numbers=[100,200,300];
</script>
このページの先頭へ

連想配列
array[key]=value

データなし

【書き方1】
配列名 = new Array();
配列名["キー"] = "値";

【書き方2】
配列名 = {"キー":"値", "キー":"値", … }

【書き方3】
配列名 = new Object();
配列名.キー1 = "値1";
配列名.キー2 = "値"; …

配列のキーまたは値が文字列の場合は引用符で括ります
配列のキーまたは値が数値の場合は不要です。

連想配列の要素の値を取得するには、配列名[キー] = 値のようにします。

<script type="text/javascript">
    /* 書き方1 */
    var fruit=new Array();
    fruit['a']='apple';
    fruit['b']='banana';
    fruit['g']='grape';
    fruit['x']=100;

    /* 書き方2 */
    var drink={ 'b':'beer', 'c':'coffee', 't':'tea', 'x':100 }

    /* 連想配列の中身を展開 */
    var s1='';
    for(key in fruit){
        s1+=key+"=>"+fruit[key]+"<br \/>";
    }
    var s2='';
    for(key in drink){
        s2+=key+"=>"+drink[key]+"<br \/>";
    }
    document.write(s1+"<br \/>");
    document.write(s2+"<br \/>");

    /* 書き方3 */
    var person=new Object();
    person.name="東京太郎";
    person.birth="2007/02/27";
    document.write("name="+person.name+"<br \/>birth="+person.birth+"<br \/>");
</script>
このページの先頭へ

多次元配列

データなし

<script type="text/javascript">
    /* 二次元配列 */
    a = [
        [0, 1],
        [2, 3],
        [4, 5]
    ];
    document.write(a[2][1]);    /* 実行結果:5 */


    /* 二次元配列(連想配列)*/
    b = {
        "a":[0, 1],
        "b":[2, 3],
        "c":[4, 5]
    }
    document.write(b["c"][1]);    /* 実行結果:5 */

    c = new Array(3);
    c[0]=new Array(2);
    c[1]=new Array(2);
    c[2]=new Array(2);
    c[0][0]=1;
    c[0][1]=2;
    c[1][0]=3;
    c[1][1]=4;
    c[2][0]=5;
    c[2][1]=6;

    document.write(c[1][1]);    /* 実行結果:4 */
</script>
このページの先頭へ
Q. このサイトの情報はお役に立ちましたでしょうか?

     

投票する | 投票結果を見る | 管理人に【web拍手】を送る web拍手(1行メッセージも送れます♪)

1契約で容量を気にせず複数サイトを運営するなら、ヘテムルがおすすめ!

ヘテムル」は、国内最大級の個人向けホスティングサービス『ロリポップ!レンタルサーバー』を運営する株式会社paperboy&co.の提供する大容量・高機能のレンタルサーバー。

独自ドメイン50個、データベース10個までを、追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の10GB

動画配信・音源配信・ポッドキャスティングなど、Flash、音楽、動画ファイル等をふんだんに使って、自由にWEBサイトを表現することが可能です。 また、マルチドメイン、マルチデータベース、共有SSLなどサイト運営に大変便利な機能や、FlashMediaServer、ColdFusionなど他にはないユニークな機能を搭載。 もちろん、MovableTypeやWordPress、Xoopsといった各種webアプリケーション、CGI、 Perl、PHP4、PHP5、Rubyなどの各種開発言語にも対応しています。

実際にファイルをアップしたりできる15日間のお試し期間があるので、借りてから「サイトを移植してみたらプログラムが動かなかったー(><)」なんてことにはなりません♪